メニュー

堅実派のサラリーマンでも手軽にできる不労所得の作り方

2020.10.27 473
目次 [非表示]

堅実派のサラリーマンでも手軽にできる不労所得の作り方

サラリーマンとして働く方のなかには、「給与以外にも不労所得がある、余裕のある生活」というものに憧れている方も多いのではないでしょうか。不労所得は気になるけれど、不労所得にどのようなものがあるのか、不労所得の作り方はどうすればいいのか、調べるのは難しいですよね。

もちろん、不労所得で失敗したくないという不安を持つ堅実派の方や、少額のお小遣い程度の不労所得を得たいという方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、不労所得の基礎知識と、サラリーマンでもできる「プチ不労所得」の作り方についてお伝えします。そして、堅実派の方にもおすすめの不当所得の作り方についても解説していきます。

 

不労所得とは?

そもそも不労所得とはどういう意味なのでしょうか。不労所得とは、その収入を得るための労働を必要としない所得のことです。労働によって得られる給与やボーナスとは異なり、働かなくても収入が得られるという意味になります。

一方で、労働で得られる給与やボーナスのことを、勤労所得といいます。

例えば、不動産投資による家賃収入や株式の配当金などが該当します。ただし、不動産投資の家賃収入では、必ずしも全員が同じ金額の不労所得を得られるわけではありません。どの物件を購入すれば安定した入居が期待できるのか、ということを見極めていかなければなりません。

また、ブログやYouTubeでの広告収入も不労所得と言えます。ただし、コンテンツを配信するには、ブログでもYouTubeでも制作には労力が伴ってしまうため、すでにコンテンツを保有している方や作業に慣れている方でないと「不労所得」とは言えないかもしれません。もちろん広告収入も不動産投資の家賃収入や株式の配当金と同様に、必ずしも決まった金額が得られるというわけではないということは気をつけておきましょう。

このように不労所得と一言で括っても、実際に収入を得るためには、ノウハウや知識の習得に時間や労力が必要になります。また、収入を継続的に得るためにも、維持管理に時間や労力が発生するということがあるということは覚えておきましょう。

 

不労所得のメリット

サラリーマンが不労所得を得ることで、人生に金銭的・時間的な余裕が生まれます。もし、あなたが嫌々サラリーマンとして働いているなら、好きな仕事を選ぶこともできます。給与収入以外に一定の収入源がありますので、仕事を選ぶときにも給与の良し悪しで選ぶ必要がなくなり、嫌な仕事を選ばなくてもよくなります。また、不労所得が得られれば、残業時間で稼ぐことやアルバイトやパートとして副業を始める必要もなくなります。その結果、プライベートな時間を増やして自由に生活することができるのです。

不労所得を得るメリットは大きいですが、サラリーマンの方で不労所得を作ろうとする人はまだまだ少ないです。その理由は、お金に対する考え方によるものだと考えられます。サラリーマンの多くが、収入は勤労所得で得るものであり、汗水流して働いた労働の対価であると考えています。そのため、残業や休日出勤によって労働時間を長くしたり、役職手当のために出世を目指したりします。しかし、その考えでは、一生自由に生活することはできません。そのため、働かないもしくは少ない労働で大きな収入を得るための仕組みづくりとして考えることが、不労所得の作り方の第一歩になります。

 

サラリーマンでもできる「プチ不労所得」の作り方

近年、働き方改革により副業を解禁する企業が増えてきています。しかし、副業初心者の方や、これから不労所得を得たいと考えているサラリーマンの方でも、自分のスキルや経験を生かして副業を立ち上げることに、なかなか自信が持てないのではないでしょうか。結局、フリーで仕事を請け負ったり、アルバイトやパートなどで働いたりすることになりかねません。これでは、労働時間が増えるだけで、むしろ残業や休日出勤したほうが稼げるかもしれません。

そして、副業などでダブルワークをしたとしても、体力的にもきつく長く続けることは難しいでしょう。不動産投資のような不労所得の作り方であれば、体力的な問題は解決します。

そうはいっても、もう少し簡単にお小遣い程度の不労所得を稼ぎたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、プチ不労所得の作り方をご紹介します。プチ不労所得で資産を少しずつ増やして、不動産投資などの堅実な投資で不労所得を増やしていきましょう

 

プチ不労所得の作り方①:駐車場・駐輪場

もし、あなたに余っている土地があるなら、自転車の駐輪場や、バイクや車の駐車場はプチ不労所得の作り方としておすすめです。大規模な土地があるのであれば、数台から数十台の車が停められる駐車場というのもおすすめですが、プチ不労所得なので、1台から停められる程度で十分です。例えば、家に2台分の駐車場があるなら、2台持っていた車のうち1台を売りに出して、空いた駐車場を月額5000円などで貸し出してみるということもできます。

また、大きな土地を持っているのであれば、駐車場業者に土地を貸し出すというのもおすすめです。駐車場の募集は、口コミや不動産会社の仲介になります。仲介手数料は5%程度ですが、募集から契約、管理まで代行してくれるところもあるためかなり手間が省けます。ただし、都心や地方都市など駐車場の需要がある地域に土地がある場合に限られるため、だれでもできるわけではないという点は注意しておきましょう。

 

プチ不労所得の作り方②:自動販売機

自動販売機をあなたの土地に設置してプチ不労所得を得るということもできます。自動販売機を利用したプチ不労所得の作り方としては、フルオペレーションとセミオペレーションの2つがあります。

フルオペレーションでは、自動販売機を設置した飲料メーカーが自動販売機の設置から商品の補充、売上の回収、自動販売機の修理などを行なってくれます。あなたは土地だけ貸し出しておけば、売上金額の20%が得られるという仕組みになっています。ただし、電気代については、飲料メーカーが支払う場合と、土地の貸し出し主が支払う場合があるため、事前に確認しておきましょう。

一方で、セミオペレーションでは、あなた自身で仕入れや補充、売上の管理など全てを行わなければなりません。その分、売上のすべてがあなたに入りますので、自動販売機を管理する余裕があればおすすめです。取り扱う商品や価格も自分で決められるため、ビジネスとしてはやりがいがあります。

 

プチ不労所得の作り方③:貸看板

土地や建物があればできるプチ不労所得で、貸看板というのもおすすめです。設置する場所や看板の大きさによって収入は変わりますが、交通量の多い場所に土地を持っていれば、月額数万円の広告収入を得られることもあります。

ただし、貸看板で注意しなければならないのは、広告主の選定です。あなたの住む家に設置される広告のため、あなたや家族が恥ずかしいと思うものはやめておきましょう。また、サラリーマンとして働いているのであれば、そのイメージが損なわれないような広告にしておくことです。

貸看板は、広告代理店や不動産会社が仲介してくれますが、貸看板の設置や撤去に関わる契約はしっかりと確認しておきましょう。

 

プチ不労所得の作り方④:レンタルスペース

レンタルスペースとして空間を貸していくこともプチ不労所得ではおすすめです。例えば、実家が農家をしているのであれば、休耕地をバーベキュー場などにして貸し出すこともできるでしょう。また、都会であれば、会議室やワーキングスペースとして部屋を貸し出してみるということもできます。金額としては、1回あたり数千円程度といったところで、あまり大きな金額の不労所得にはなりませんが、もともと使っていない空間を貸し出しているということで、プラスにはなるでしょう。

 

プチ不労所得の作り方⑤:太陽光発電

自宅で太陽光発電を行い、余った電力を売りに出すというプチ不労所得もおすすめです。自宅やアパートに屋根があるのであれば、太陽光発電を設置してみるのもよいでしょう。ただし、設置には助成金があるものの、初期費用が大きくかかってしまうため、プチ不労所得としてはややハードルが上がります。太陽光発電で自宅の光熱費が抑えられるというメリットに少しお得感が増えるというぐらいの気持ちで始めてみてはいかがでしょうか。

 

堅実派のサラリーマンの不労所得の作り方

ここまではサラリーマンの方が始められるプチ不労所得についてお伝えしました。プチ不労所得で少しずつ資金が増えてきたら、より収入の得られる不労所得を始めてみましょう。

 

堅実な不労所得の作り方①:株式投資

サラリーマンの不労所得として、真っ先に思い浮かべるものの一つは株式投資ではないでしょうか。株式投資とは、株式会社のなかからあなたが好きな企業を選んで投資を行うというものです。企業は配当金や株主優待などで、出資者に還元します。株式投資では、株価をチェックしてこれから株価が上昇しそうな企業の株式を購入して、購入した金額よりも高くなったら売却しその差額で収入を得ていきます。しかし、株式投資で不労所得を得たいのであれば、株式の売買だけではなく、配当金や株主優待を活用していくことがよいでしょう。

 

堅実な不労所得の作り方②:投資信託

サラリーマンの不労所得の作り方としては投資信託もおすすめです。投資信託とは、あなたが出資した金額を投資のプロが運用代行してくれるというものになります。そのため、投資に関する知識が浅くても挑戦しやすく、サラリーマン以外にも、主婦や高齢者などあらゆる年齢層の方が活用している不労所得の作り方です。

ただし、投資信託は運用をすべて任せっきりにできると安易に考えてはいけません。投資信託のなかにも利益が得やすいものと得にくいものがあるため、リスクが低く無駄な出費が少ない投資信託を選ぶ必要があります。

 

堅実な不労所得の作り方③:アフィリエイト

サラリーマンの方の不労所得の作り方として、最近増えてきているのがアフィリエイトです。アフィリエイトはブログの記事内で紹介した商品やサービスが売れたときに、広告主からブロガーに報酬が支払われるというシステムです。そのため、一度記事を書いてしまえば、そのあとは記事が勝手に商品やサービスを売ってくれますので、不労所得を得ることができます。ただし、アフィリエイトで高額の報酬を得るためには、いくつもの記事を書くことで文章を書くことに慣れていかなければなりません。

慣れてしまえば、不労所得とすることができますので、最初のうちはあなたの得意な分野で記事を書いていくことがよいでしょう。

 

堅実な不労所得の作り方④:不動産投資

サラリーマンの不労所得のなかでも、最も堅実で安定的なものが不動産投資になります。不動産投資は、物件を購入し、大家さんとして家賃収入で稼ぐという不労所得の作り方と、安く買った物件を高値で売ることでその差額で稼ぐという不労所得の作り方があります。

サラリーマンの方が不労所得を得るために不動産投資を始めるのであれば、おすすめは家賃収入で稼ぐという方法です。なぜなら、家賃収入では一度物件を購入してしまえば、維持管理はあるものの基本的に労働がなく収入を得ることができるからです。また、維持管理も管理会社に委託することでその手間を減らすことができます。

加えて、サラリーマンや公務員であれば、安定した収入があるため、物件を購入する際のローン審査が通りやすいということも挙げられます。家賃収入はローンの支払いを上回るものになりますし、ローンが完済してしまえば、家賃収入がより大きな不労所得になります。そのため、他のプチ不労所得で資金を集めて、不動産投資をする際の初期費用にしていくという方法が、効率のよい不労所得の作り方です。

 

賢く稼ぐサラリーマンの不労所得の作り方とは?

 

今回は、不労所得で失敗したくないという堅実派のサラリーマンの方に向けて、少額のお小遣い程度の不労所得から、安定的な不労所得の作り方についてお伝えしました。

数ある不労所得のなかでも、最もおすすめの不労所得の作り方は不動産投資を活用することです。金銭的・時間的な拘束から開放されて、自由な人生を手にするためにリスクの少ない不動産投資ですが、実際に成功していくためには、不動産投資の成功体験者から、実際のやり方を学ぶことです。

 

当サイトでご用意しているLINE公式アカウントでは、不動産投資で資産運用を行い、大きな成功を収めている経験者のノウハウや、失敗しない不動産投資のセミナー情報などを現在無料で配信しております。

現役のサラリーマンや会社員で、資産形成ができる副業としての不動産投資や、不労所得を得る手段としての不動産投資方法、より高額での売却方法などに興味がある方は、ぜひともこの機会にLINE公式アカウントへご登録ください。

 

 

不動産投資の未公開のノウハウや最新の限定情報を無料でお伝えします。
不動産投資を堅実に成功させたい方は、ぜひともLINE登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

不動産投資の未公開のノウハウや最新の限定情報を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる