メニュー

《2021年最新版》初心者にもおすすめの不労所得の種類とは?リスク・リターン別など19選をランキング!

2020.01.07 605
目次 [非表示]

《2021年最新版》初心者にもおすすめの不労所得の種類とは?リスク・リターン別など19選をランキング!

サラリーマンとして会社で働き、「いつまで働き続けなければならないのだろう」と考え、途方にくれる思いをしている方は多いことでしょう。そのような生活を一変させる可能性があるのが、不労所得の獲得です。

今回は、初心者にもおすすめの不労所得の種類について、リスク・リターン別などで厳選した19選の方法をランキング形式で詳しくお伝えしていきます。また、不労所得を得るための仕組みづくりや、不労所得の税金・税率の種類などについても基礎知識をご紹介します。

「不労所得で生活をしたい」「働かずに稼ぎたい」「副業で成功したい」「将来の不安を払拭したい」と考えているサラリーマンの方などは、特に必見の内容です!

不労所得とは?

不労所得とは、得るために労働をする必要がない所得を意味しており、労働の対価として得られる賃金や報酬とは区別するために、働かずとも得られる収入源を指す言葉として、用いられることが多くなっています。

不労所得という言葉が日本で有名になったのは、2000年11月に出版され、世界で1,000万部、日本でも100万部が売れたベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバート・キヨサキ著)にて、「パッシブ・インカム(passive income)」=「不労所得」と訳されたことがひとつの要因だと言われています。

ただし、「パッシブ・インカム(passive income)」とは、「受動的な所得」という意味であり、「完全に労働が不要である」とは意味が異なることに注意したいところです。

たとえば、不労所得が得られる手法として代表的な不動産投資であれば、物件を購入するまでのリサーチや、購入後の管理業務については、買主が対応する必要があり、100%手離れするわけではありません。

ただ、リサーチをするために識者の公式LINEアカウントに登録して情報収集したり、不動産投資セミナーに参加して知見を活用したり、管理業務を管理会社に委託したりすることで、全てを0からはじめるのではなく、効率的に準備をして最低限の業務量に抑えることは可能です。

このように、不労所得で生活をしたいと考える場合には、「いかに小さな稼働に抑えて、最大限の不労所得を得ることができるか」が重要となります。

「不労所得で暮らしたい」と考える人は多い

「不労所得で暮らしたい!」と考える人たちには、どのような人たちがいるのでしょうか。

不労所得を得たいと考える層としては、会社勤めのサラリーマンや、役所勤めの公務員の方々がまず挙げられます。労働収入のみでは家庭の支出や将来の貯蓄のやりくりが難しいのではないかと考えた場合、不労所得を得たいと考えるのは自然なことでしょう。

サラリーマンは社内規定によって副業が禁止されている場合がありますが、「業務に支障がない範囲の事業所得」であれば副業の許可が得られたり、そもそも副業OKであったりする場合があります。

また、公務員も法律的に副業が禁止されているものの、不動産投資や株式投資など、業務に差し支えのない事業や投資であれば、副業として認められるケースがあります。

その他、不労所得を得たいと考える層としては、大学生、20代の若者も例として挙げられます。

たとえば、与沢翼のような、不労所得によって余裕のある生活を送っている個人の姿がSNSなどで盛んに取り上げられるため、そのような最新情報に触れて、「自分も将来は会社員ではなく、不労所得が得られることをやって生活をする!」と意気込んでいる大学生や20代の若者も多いです。

中には、働いていないニート層にも「人生を一発逆転したい!」と、不労所得の獲得を目指して、投資の勉強をしている方々もいるのが現状となっています。

不労所得を獲得できるようになる、向いている人はどんなタイプ?

「不労所得を得たい」と考えた場合、どんな人たちが不労所得を得られるかといえば、「学ぶことを怠らない人たちであれば、どのような人にも等しくチャンスはある」といえます。

不労所得を得るためには、不労所得の種類やリスク・リターンのレベルを正しく理解し、労働をなるべく少なくし、かつ、安定的に利益を得られる、自分に合った不労所得の方法を選ぶ必要があります。

先ほどもお伝えしたとおり、完全に労働が必要のない不労所得というものは、なかなか存在しません。どのような不労所得の種類であれ、所得が得られる前後には、何らかの学びと努力が必要となります。

不労所得を得たい方は、今回の記事でぜひとも知識をつけ、自分に合った不労所得の獲得方法の種類を見つけてください。

不労所得を得るための仕組みづくりとは?

土地や不動産を貸すことで不労所得を得る権利を獲得

土地や不動産を貸すことで不労所得を得る方法は、個人で行うことが可能です。しかも、2019年には投資用ローンの金利について、国が「マイナス金利」を導入したため、金利が大幅に下がっており、不動産投資を行う個人投資家が増加傾向にあります。

また、不動産投資の場合は、金融機関に頭金のみを払い、お金を借りて物件をローン購入できるため、自分の持つ資本以上の取引が可能なレバレッジ効果を期待することができます。他者に貸し出すことでローンを回収できるので、不労所得を得るシステムとして、個人投資家でも挑戦しやすい特徴があります。

モノを貸すことで不労所得を得る権利を獲得

シェアリングエコノミー(共有経済)と呼ばれる言葉が、ここ数年で盛り上がっていますが、自分が持っているモノを他者に貸すことで、不労所得を得る方法も発達してきています。

たとえば、マイカーを貸すことで収入を得られるカーシェアリングのように、WEB上のプラットフォームやSNSを活用して、個人が持っているモノを提供し、個人間の貸し借りを仲介するシェアリングサービスが増えています。

お金を貸すことで不労所得を得る権利を獲得

お金を貸すことで金利を上乗せして、金利と元本を回収することで利益を得るのも、不労所得を得る方法のひとつだといえます。しかしながら、個人がお金を貸して収入を得るビジネスを勝手に始めることは許可されておらず、貸金業と自治体に申請を出す必要があります。

お金を貸して金利で不労所得を得る方法は、一定の資本金を持っていないと始められないほか、貸し倒れのリスクなどもあるため、個人が行おうとするには少々ハードルの高い方法です。

名義を貸すことで不労所得を得る権利を獲得

名義のような権利を貸し出すことによって不労所得を得る方法があります。たとえば、飲食店のフランチャイズビジネスの名義貸しなどが挙げられます。店舗を運営するためのノウハウや名前のネームバリューを提供して、売上に応じた手数料を不労所得として獲得する手法です。

ただし、このような不労所得が得られるのは、一部の成功した企業やブランドなどでなければ難しいため、個人がこの手の不労所得の獲得を狙うのはハードルが高いといえます。

不労所得の種類および税率・税金の種類について

不動産所得

不動産所得とは、不労所得の種類の中でも、マンション・アパート・戸建などの不動産や、駐車場や土地などを貸し出すことで得られる不労所得を意味しています。

不動産所得は、税金の支払いの税率を決める確定申告の際に、損益通算と呼ばれる方法を取り入れることが可能です。これは、赤字の場合に、給与所得と合わせて計算し、給与所得分から赤字分を差し引いた金額で、所得税の金額や、住民税の金額を決める方法です。

これにより、不動産所得の場合は、給与所得分から支払った所得税や住民税から、確定申告後に赤字分の還付を受けることができる可能性があり、節税対策にもなります。

事業所得

事業所得とは、たとえば、アフィリエイトブログの運営などから得られる広告費のような不労所得が該当します。事業所得は所得税と同じく、累進課税となっており、所得が増えるほど税率も高くなります。

所得が900万円を超えた場合には、33%もの税率となるため、法人化を行った方が節税になる場合もあります。個人事業主では、白色申告ではなく、青色申告を行うことにより、最大65万円の控除を受けることが可能です。

配当所得

配当所得とは、不労所得の種類の中でも、株式投資、FX投資、投資信託などから得られた配当金および分配金のことを指します。

基本的に、「収入金額−元本取得のための負債の利子」で計算されますが、「申告分離課税」と呼ばれる方式が取られることもあり、税率は非上場企業の場合は20.42%、上場企業の場合は20.315%となっており、基本的に雑所得よりも優遇されています。また、所得が少ない場合は、総合課税を選ぶことで、税率を20%以下に抑えることが可能です。

なお、不労所得の種類の中では、もっともおすすめできるのが不動産投資から得られる不動産所得です。

当サイトでご用意しているLINE公式アカウントでは、不動産投資で資産運用を行い、大きな成功を収めている経験者のノウハウや、失敗しない不動産投資のセミナー情報などを現在無料で配信しております。

現役のサラリーマンや会社員で、資産形成ができる副業としての不動産投資や、不労所得を得る手段としての不動産投資などに興味がある方は、ぜひともこの機会にLINE公式アカウントへご登録ください。

初心者向け!ローリスク・ローリターンの不労所得の種類ランキング5選

それでは、ここからはローリスク・ローリターンの不労所得の種類を、リスクが低い順番にランキング形式で一挙にご紹介していきます。

① 銀行預金 不労所得金額:月1,000円未満

銀行預金による貯金は、もっとも身近な不労所得の種類だと言えますが、金利が非常に低いです。一方、1,000万円までの元本と利息が保証されているメリットがあります。資金を目減りさせるようなリスクを取りたくない方には、多少の利息もつくため、タンス預金しておくよりは良い方法です。

なお、現在の日本の金融機関の預金の金利は、普通預金の場合は0.01%未満、定期預金で0.1%前後となっており、たとえ100万円を定期預金に預けていたとしても、1年で1,000円しか増えない計算となります。

② 国債 不労所得金額:月1,000円〜1万円未満

国債とは、国が発行する債券である「国庫債券」の略称であり、国が資金調達する手段のひとつです。国が発行する国債を購入することで、個人投資家は国が設定した金利を半年に1回受け取ることができます。満期になれば、投資した元本を償還されます。

国債は国を相手にお金を貸して金利を得る不労所得ですから、国が破綻しない限り、元本割れのリスクはなく、投資の初心者も比較的安心して運用できる金融商品だと言えます。

③ 社債 不労所得金額:月1,000円〜1万円未満

社債とは、企業が必要な資金を調達するために発行する債券のことであり、企業がお金を借りたことを証明する「借用証書」の役割を持ちます。社債には、借用金額、返済日、支払われる利息などがあらかじめ提示されています。

企業にとっては、一般の個人投資家から迅速に資金調達できる手段として活用でき、個人投資家にとっては、銀行預金の金利が少ない中、より高い利息を期待して投資ができるメリットがあります。

④ 個人型確定拠出年金(iDeCo) 不労所得金額:月1,000円未満

個人型確定拠出年金(iDeCo)とは、20歳以上60歳未満であれば、原則誰でも始めることができる、ご自分で計画してつくる年金制度のことです。加入者が毎月、掛金を拠出して一定の金額を積み立てし、定期預金・保険・投資信託などの金融商品を自分で運用して、60歳以降に一括または分割でもらうことができます。

なお、個人型確定拠出年金(iDeCo)は他の不労所得とは違い、60歳まで運用を行う長期運用であること、60歳になるまでは引き出しができないことなどに注意が必要です。

⑤ ロボアドバイザー投資 不労所得金額:月1,000円〜1万円未満

ロボアドバイザー投資とは、投資家に代わって、AIなどの人工知能が、利益を生み出す可能性のある銘柄を調査し、ポートフォリオの作成から売買までを完了してくれる、これまでにない画期的な投資サービスです。

人件費がかからない分、従来の投資信託よりも安く、ロボットが投資家の意見を汲んだうえで、世界規模のデータを活用したアルゴリズムで安全な運用を行なってくれます。そのため、不労所得を得たいと考える副業および投資の初心者の方なども、比較的安心して始められます。

ここが狙い目!ミドルリスク・ミドルリターンの不労所得の種類ランキング5選

① 不動産投資 不労所得金額:月5万円〜50万円程度

不動産投資は、不労所得の種類の中でも最もおすすめできるジャンルです。不動産投資とは、利益を得る目的でマンション・アパート・戸建などの物件を購入し、他者に貸し出して利益を得る方法(インカムゲイン)や、他者に売り出して買値と売値の差分で利益を得る方法(キャピタルゲイン)があります。

不動産投資の場合、頭金を用意すれば、少ない元手でローンを組むことができるため、レバレッジ効果(※テコの原理:少ない資本で投資効果を上げ、さらに収益性を見込める)を期待することができます。

また、複数戸の物件を運用することで、複利効果(※ある物件で得られた利益を元手に別の物件を所有する投資方法)も獲得することができるため、不労所得の種類の中でも、得られる利益を大きくできる可能性があります。

また、不動産の場合は、物件の価値の上昇や下落も比較的緩やかであるため、その間に対策を講じることも可能で、万が一のリスクヘッジも余裕を持って対応できます。

② 投資信託 不労所得金額:月1,000円〜1万円未満

投資信託は、投資運用の専門家(ファンドマネージャー)が、株式・債券・不動産などの様々な投資運用を組み合わせたポートフォリオを作成し、運用成果で得た利益を、投資家に分配する仕組みの不労所得の種類です。投資のプロからアドバイスを受けることができるため、個人で投資を運用するよりも比較的安心して運用を行うことができます。

なお、投資信託は銀行預金と違い、元本が保証されている金融商品ではないため、さまざまな経済や世界的な情勢によって、元本がマイナスになる可能性もあるミドルリスク・ミドルリターンの投資である点は留意しておきましょう。

③ ソーシャルレンディング 不労所得金額:月1,000円〜1万円未満

ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending、Social Lending)とは、ネット上でお金を借りたい人や企業(ボロワー:borrower)と、ネット上でお金を貸したい人(レンダー:lender)をマッチングすることを目的とした、金融仲介サービスのことを意味しています。

ソーシャルレンディングは、サービスにもよりますが、一口1万円程度から運用を始められるため、副業や投資の初心者でも始めやすいほか、利回りが平均8%程度と高い水準になっており、手間もかからない不労所得の側面が大きいことが魅力として挙げられます。

ただし、貸し倒れや返済遅延のリスクがあり、近年は特にソーシャルレンディングにおける事業者リスクが問題となっていることには留意しておきましょう。

④ シェアリングビジネス 不労所得金額:月1万円〜10万円程度

Airbnb(エアービーアンドビー)のような民泊サービスや、Anyca(エニカ)のようなカーシェアリングなど、自分が所有している空き家、空き部屋、マイカーなどを貸し出すことで不労所得を得る、新しいビジネスモデルとして、シェアリングビジネスが台頭してきています。

シェアリングビジネスの優れた点は、自分が持っているモノから不労所得が得られることですが、基本的に需要があるのは立地の良い物件や高級な車などです。

そのため、ゼロからシェアリングビジネスを始めるのはややハードルが高いため、あくまでも既存で所有している資産から期待できるオプショナルな不労所得の種類であると考えるべきでしょう。シェアリングビジネスで活用できるモノをお持ちの方はぜひ検討してみてください。

⑤ 土地を利用したサービス(自販機・コインロッカー・駐車場・太陽光発電など) 不労所得金額:月1万円〜10万円程度

自販機・コインロッカー・駐車場・太陽光発電など、ご自分で土地を持っている場合には、その土地を活用して、様々なサービスを始め、不労所得を得る方法もあります。

ただし、土地を利用したサービスで得られる金額は、立地に大きく影響されるほか、ゼロから始めるのは難しい不労所得の種類でもあるため、あくまでも、既存の所有している土地から期待できるオプショナルな収益として捉えておくべきです。余らせた土地をお持ちの方は、検討してみるのも良いでしょう。

ハイリスク・ハイリターンな不労所得の種類ランキング3選!

① 株式投資 不労所得金額:月1万円程度

株式投資は、ハイリスク・ハイリターンな不労所得の種類として、代表的なものです。株式投資とは、企業が発行する株に投資をすることで、配当金や売却益を期待する投資方法となっています。

なお、相場の値動きを読んで売却益を得る方法は毎日の実稼働が必要であるため、不労所得を期待する場合には、株式を長期保有して配当金を期待する投資を行うべきでしょう。

株式投資では、株式の保有数に応じて、配当金や株主優待が得られるほか、企業の意思決定に対して議決権を与えられ、株主総会で権利を行使することができるなどのメリットがあります。

しかしながら、初期投資の元手が最低でも数十万円〜100万円単位でかかるほか、経済状況や市場における専門的な知識も必要であるため、投資初心者にはハードルが高く、株価変動リスク・信用リスク・流動性リスクなど、様々なリスクがあるため、注意が必要です。

② FX投資 不労所得金額:月1万円程度

FX投資とは、外国為替証拠金取引を意味しており、ドルやユーロといった外国通貨を売買して、その差額を利益として得る投資方法です。

FX投資では、最大25倍までのレバレッジをかけることができるため、少ない元手で大きな取引を行うことができるメリットがある反面、為替変動による損害リスクも相当大きくなるため、ハイリスク・ハイリターンの投資方法となっています。なお、FX投資は、スワップポイントと呼ばれる、通貨間の金利差から利益を得る方法もあります。

FX投資は不労所得の種類の中でも、日々、海外の経済動向をチェックしたり、為替変動の確認をしたりする必要があるため、労働が必要な投資に近く、ハイリスク・ハイリターンでもあるため、初心者にはハードルが高い投資方法であると言えます。

③ 仮想通貨投資 不労所得金額:新しいジャンルであるため平均金額は不明確

仮想通貨とは、ブロックチェーンと呼ばれる最新技術によるデジタル通貨のことで、市場が発展途上であるため、今から仮想通貨に投資を行って保有しておけば、後々に大きく儲かる可能性があるという、ある意味でギャンブル的な側面もある不労所得の種類です。

基本的に、「Coincheck(コインチェック)」や「DMM Bitcoin」などの国内取引所へ登録して、様々な仮想通貨の銘柄を選んで購入し、保有後の価値の増減によって売却益を期待します。

ただし、仮想通貨投資はまだ新しい発展途上のジャンルであるため、どれだけの不労所得が得られるのか不明であるほか、大きく価値が下落して短期間で元本を毀損するリスクなどもあるため、初心者にはハードルが高いハイリスク・ハイリターンの投資方法です。

労働を伴う不労所得でおすすめの種類ランキング6選!

最後に、ある程度の労働を伴うものの、後々に不労所得が期待できるおすすめの事業の種類を、ランキング形式でご紹介していきます。

① アフィリエイトブログの運営 不労所得金額:月数千円〜20万円程度

GoogleアドセンスやASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の広告を、自分で所有するブログに貼り付け、そこで発生した広告のクリック数や、広告からの商品の購買数に応じて、広告費用を稼ぐ方法です。

不労所得の種類としては、ブログの準備、ジャンルのリサーチ、記事執筆の段階で多くの労力が必要となるため、労働が伴うものに位置付けられます。また、SEO(検索エンジン最適化)の知識や、WEBマーケティング、WEBシステムの知識も必要となるため、初心者にはややハードルが高いです。

しかし、検索エンジンに記事が上位表示されて、広告のクリック数や、広告からの商品の購買数が上昇すると、自分が働かなくても、記事からの広告収入が自動的に毎月入るようになるため、労働を伴う不労所得としては、おすすめの種類に入ります。元手がそれほどかからないのも魅力のひとつです。

② YouTubeの広告収入(YouTuber) 不労所得金額:月数千円〜50万円程度

YouTubeで魅力的なコンテンツを発信して、登録者数を増やし(最低1万人以上は必要)、広告収入を得ることで不労所得を獲得する方法があります。1再生ごとに0.1円程度の広告収入が入ると言われているため、大量の動画をアップロードし、ヒット動画を生み出せば、ストックで利益が発生する魅力があります。

しかしながら、人気のYouTuberになるためには、コンテンツの専門性、独自性、企画力などが問われ、日々動画をアップロードする努力も必要となるため、相応の努力と労働が必要な不労所得の種類のひとつになります。

③ インフルエンサーとしての広告収入 不労所得金額:月数千円〜50万円程度

InstagramやTwitterなどのSNSのフォロワー数を増やし(最低1万人以上は必要)、一般人に影響力のある発信をするインフルエンサーとなって、企業や広告代理店からPR案件をもらって、SNS投稿を行い、不労所得を得る方法があります。

YouTuberと同じく、有名になるためにはSNSコンテンツの専門性、独自性が必要なほか、PR投稿をバズらせるためにWEBマーケティングやSNSマーケティングの知識も必要となるため、独自の努力と労働が必要な不労所得の種類のひとつであると考えられます。

④ WEBシステムやアプリの使用料 不労所得金額:月数千円〜100万円程度

有料のWEBシステムや課金型アプリを開発して、システムやアプリの使用料で不労所得を得る方法があります。

個人で行う場合には、システムやアプリの需要を調査するWEBマーケティングの知識が必要なほか、エンジニアとしても相当な技術が必要で、有料のWEBシステムや課金型アプリを開発するためには、多くの工数を費やさなければなりません。

そのため、腕に自信のあるエンジニアや、企画力に自信があるWEBマーケターなどでない限りは、不労所得の成果を出すのは難しいジャンルだと言えます。ただし、ヒットすればすぐに事業化できるレベルの収益を期待できます。

⑤ 版権ビジネス(キャラクター・LINEスタンプなど) 不労所得金額:月1万円未満

版権ビジネスの中でメジャーなのは、キャラクタービジネスです。たとえば、大手企業であれば、ディズニー、サンリオ、San-Xなどの会社が版権ビジネスで大きく利益を得ています。

その他、アニメやコミックのキャラクターなどを利用した版権ビジネスも展開されています。昨今では、LINEスタンプによる版権ビジネスのマネタイズの方法もあります。

版権ビジネスで不労所得を得ようとした場合、まずは人気のあるキャラクターを生み出す必要があり、そのようなキャラクターを作るためには、専門性、独自性が問われるため、綿密なマーケティング調査と、企画のセンスが問われます。

ただ、中には、千葉県船橋市のイメージキャラクター「ふなっしー」や、ハードロックドラムを叩くゆるキャラ「にゃんごすたー」のように、個人が考案したキャラクターが全国的に有名になるケースもありますので、企画次第では一攫千金できる可能性もあるでしょう。

⑥ 出版の印税 不労所得金額:月数千円〜20万円程度

本を出版して得られる印税も、労働を伴う不労所得の種類のひとつとして挙げられます。本の印税は書籍代金の6%〜12%程度が多く、著名作家も大きくは変わらないとされています。

100万円程度の収入を得るためには、1万部は売る必要があり、初版3,000部程度が7割以上とされる中、初心者が出版の印税で不労所得を得ようとするのは非常に難しいと考えるべきでしょう。情熱のある方は、新人賞の応募などから、まずは挑戦してみてください。

不労所得の種類の中でもおすすめなのは不動産投資!

今回の記事では、不労所得の種類について、知っておくべき基礎知識や、リスク・リターンなどの種類別で、詳しくお伝えしてきました。

ご紹介してきた不労所得の種類の中でも、特におすすめなのは不動産投資です。

不動産投資は、ローン購入によって元手以上の物件を手に入れられるレバレッジ効果があるほか、得られた利益を利用して複数戸の物件を所有することで、複利を期待することもできます。

また、リスクヘッジについても、不動産物件は株式投資などと比べて、価値の変動がゆるやかであるため、万が一、価値の下落が懸念された場合にも、数ヶ月〜数年単位で余裕を持って対策を立てることが可能です。

不動産投資で投資の初心者が不労所得を得るためには、実際の失敗事例から学んだり、不動産投資の本や資料を読んで勉強したりすることが重要ですが、何よりもおすすめなのが、不動産投資の成功体験者から、実際のやり方を学ぶことです。

当サイトでご用意しているLINE公式アカウントでは、不動産投資で資産運用を行い、大きな成功を収めている経験者のノウハウや、失敗しない不動産投資のセミナー情報などを現在無料で配信しております。

現役のサラリーマンや会社員で、資産形成ができる副業としての不動産投資や、不労所得を得る手段としての不動産投資などに興味がある方は、ぜひともこの機会にLINE公式アカウントへご登録ください。

不動産投資の未公開のノウハウや最新の限定情報を無料でお伝えします。
不動産投資を堅実に成功させたい方は、ぜひともLINE登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

不動産投資の未公開のノウハウや最新の限定情報を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる