メニュー

《2021年最新版》サラリーマンにおすすめの副業ランキング12選&おすすめしない副業5選! 

2020.01.07 342
目次 [非表示]

《2021年最新版》サラリーマンにおすすめの副業ランキング12選&おすすめしない副業5選!

 会社に勤めるサラリーマンの方で、「副業で成功したい」「副業で収入をアップしたい」とお考えの方は多いのではないでしょうか。今回は、サラリーマンにおすすめの副業ランキング12選と、逆におすすめしない副業5選をご紹介!その他、サラリーマンはなぜ副業すべきかの理由、確定申告に関する基礎知識、副業で成功するコツについてなど、詳しくお伝えしていきます。

 

サラリーマンはなぜ副業をすべきなのか?5つの理由

 ① サラリーマンや会社員の平均年収の推移は停滞している

サラリーマンが副業を行なうべき理由として、日本国内の会社員の平均年収推移が停滞している事実が挙げられます。

 

平成20年〜30年までの平均年収をまとめた以下の表のとおり、基本的には410万円〜440万円のレンジで前後しているのみで、今後、サラリーマンの平均年収が大幅に上昇する見込みが少ないのが現状です。

 

年度 平均年収 前年伸び率
平成30年度 441万円 2.0%
平成29年度 432万円 2.5%
平成28年度 422万円 0.3%
平成27年度 420万円 1.3%
平成26年度 415万円 0.3%
平成25年度 414万円 1.4%
平成24年度 408万円 -0.2%
平成23年度 409万円 -0.7%
平成22年度 412万円 1.5%
平成21年度 406万円 -5.5%
平成20年度 430万円 -1.7%

※民間給与実態調査より引用

近年では、平均年収について、1〜2%前後の上昇推移がみられ、リーマンショック以前の水準レベルまでは戻ってきてはいますが、当時と比較すると消費税の増税や保険料の増加など、支出が増えている分、使えるお金は限られてきています。

 

そのため、会社で働くサラリーマンの方々は、副業で年収にプラスの収入を獲得していく必要があると言えるのです。

 

② 増税の影響を受けて収入は圧迫されていく

東京オリンピックが開催される2020年までに、増税が予定されているのは以下のようなものがあります。

 

2018年10月:タバコ1本あたり1円増税
2019年1月:国際観光旅客税を1人1,000円
(※国籍は関係なく、日本から出国するたびに一人あたり1,000円を徴収)
2019年10月:消費税率が8%から10%へ増税
2020年1月:所得増税
2020年10月:ワイン、第3のビールを増税

 

このように、サラリーマンの方々の支出に直接関わる増税が次々に行われているため、たとえ給料が多少アップしても、買えるものは増税された分だけ減っていきます。副業を行い、収入を上昇させていかないと、同水準の生活を維持するのも難しくなっていく可能性があるのです。

 

③ 子供の教育に関わる支出はかなり重い

子供を育てる場合、サラリーマンの方々が想定しなければならない教育に関わる支出はかなり重いため、その分の収入を確保する必要が出てきます。

 

例として、すべて国公立の場合と、すべて私立の場合の幼稚園から大学卒業までの費用を以下でシミュレーションしてみましょう。

 

すべて国公立の場合

幼稚園から大学までの学費:約1,020万円
生活費・食費・お小遣いなど:1,000万円〜1,500万円
合計:約2,020万円〜約2,520万円

 

すべて私立の場合

幼稚園から大学までの学費:約2,500万円
生活費・食費・お小遣いなど:1,000万円〜1,500万円
合計:約3,500万円〜約4,000万円

 

このように、子供の教育費は非常に膨大です。サラリーマンの収入以外に、副業からの収入があれば、その分、余裕のある暮らしを送ることができます。

 

④ 両親の介護に関わる支出を想定しておく必要がある

高齢化社会となっていく日本では、両親の介護に関わる支出を想定しておくことは非常に重要です。

 

在宅介護では月に平均7万円程度が必要とされています。施設介護の場合は、特別養護老人ホームに入所できれば月5万円〜10万円程度、高齢者向け住宅(常駐スタッフサービス付き)の場合は、月10万円〜25万円程度はかかると言われています。

 

サラリーマンの平均年収が430万円程度であることを鑑みると、毎月発生する介護費用の支出は、基本的に固定費であるため、かなりの痛手となるでしょう。そのため、副業による費用の補填は大切であると言えます。

 

⑤ 年金はあてにできない可能性も…「自己防衛」の時代

金融庁が2019年6月3日に「老後資金が2,000万円不足する可能性があるので自助努力が必要」などと発表し、超高齢化社会が到来する日本では、今後、年金だけでは生活していけない可能性も考慮に入れなければならない、非常に厳しい時代となっています。

 

サラリーマンの収入だけでやりくりするのではなく、副業も行って、得られる収入を貯蓄に回したり、資産運用に当てたりするなど、自分自身で未来のための「自己防衛」を考えることが必要になってきています。

 

サラリーマンや公務員が副業をする場合の注意点

サラリーマンの副業は禁止?副業に関する就業規則および社内規定をチェック

サラリーマンの副業は、一般的に、就業規則および社内規定で禁止されている場合があるので注意しましょう。一部の会社では、条件を満たした場合に副業を認める許可制を実施していたり、会社の業務に支障がない限り全面的に副業を認める自由制を導入していたりします。

 

サラリーマンの副業を会社側が禁止する行為は、裁判所の見解では「会社側が就業規則および社内規定で副業を禁止する規定を設けること自体は問題ない」としています。

 

会社は原則として、就業時間以外の時間を拘束することはできないため、副業禁止の規制の範囲については「副業を行なうことで会社の秩序を乱したり、提供すべき労務に支障が出たりする副業は禁止できる」と、裁判所は見解を示しています。

 

上記の範疇を超える副業を行った場合、会社の定めた副業禁止の罰則は正当な理由があると裁判でも認められることがあり、最悪のケースでは懲戒解雇に至った事例もあるようです。

 

国の政策としては「働き方改革」および「副業解禁」の動きが活発化

とはいえ、社会的な傾向として、前項でご紹介したとおり、サラリーマンの収入のみでは、将来の様々な不安に対抗できない懸念があります。そのため、2016年の「働き方改革」以降、サラリーマンの副業を解禁していく動きが最近では顕著に見られています。

 

特に、2018年に厚生労働省がモデル就業規則を「副業容認」の方向性で改定を行い、国策として「副業解禁」を推し進めていくことが一層明確となってきています。

 

また、ソフトバンクグループ、新生銀行、ユニ・チャーム、ロート製薬、コニカミノルタ、ソニー、花王、三菱自動車などの日本を代表する大手企業が、すでに副業を認めていることから、今後、副業を行なうことができるサラリーマンが増えていくことが予想されます。

 

公務員の場合は「不動産投資」「株式投資」などであれば副業を行える

公務員の場合は、国家公務員法103条・104条、地方公務員法38条によって副業が禁止されているため、原則として副業を行なうことはできません。

 

ただし、国家公務員法および地方公務員法では、一定の条件で許可を得れば副業は可能となっているほか、許可を得ずともできる副業として「不動産投資(条件あり)」や「預金・株式・投資信託」が挙げられます。

 

これらの許可が得られるかどうかのポイントは、「普段の業務に支障が出ていないこと」が大まかな条件となっています。詳しくは内閣官房内閣人事局が発表している「国家公務員の兼業について」 の資料などをご参照ください。

 

サラリーマンの副業は確定申告による住民税の増額でバレる可能性がある

「サラリーマンの副業は言わなければバレないのではないか?」とお考えの方もいるかもしれませんが、実は、確定申告による住民税の増額でバレる可能性があります。

 

サラリーマンが副業で確定申告が必要になる条件などは後出しますが、もし、あなたが副業で一定以上の収入を稼ぎ、確定申告をした場合、「会社員としての年収+副業収入=実際の所得」を算出するため、会社員としての年収のみを得ている場合よりも、額面の多い住民税を支払う必要が出てきます。

 

そのため、経理担当者があなたの住民税の金額を確認したところ、通常よりも額面が多いことを発見され、それが原因で会社に副業がバレるケースも考えられるのです。サラリーマンの方が副業を行なう場合、就業規則および社内規定を確認し、会社からできる限り了承を得るようにしましょう。

 

サラリーマンが行う副業の確定申告についての基礎知識

サラリーマンの副業での確定申告は「20万円ルール」が基準となる

サラリーマンの副業で確定申告が必要になる場合、「20万円ルール」と呼ばれるものがあります。これは、副業の所得が20万円以下の場合は確定申告しなくても良いというものです。

 

副業がアルバイトまたはパートの場合

本業がサラリーマンで、副業がアルバイトまたはパートの場合、アルバイトまたはパートの収入が年間20万円以下であれば、確定申告をする必要はありません。超えた場合は、確定申告が必要です。

 

副業がアルバイトまたはパート以外の場合

本業がサラリーマンで、副業がクラウドソーシングや内職など、アルバイトまたはパート以外の場合、副業の所得が20万円以下であれば、確定申告の必要はありません。超えた場合は、確定申告が必要です。

 

なお、この場合「副業の所得」を基準としており、「所得=売り上げ−経費」であるため、たとえ売り上げが100万円あったとしても、経費が81万円かかっていた場合、所得は差し引きで19万円となるため、確定申告は不要となります。

 

・サラリーマンの副業で成功したいなら確定申告はほぼ必要になる

このように、副業で得られた収入や所得が年間20万円以下であれば、確定申告をする必要がないことはお分かりいただけたと思います。

 

しかしながら、年間20万円以下ということは、月1.6万円程度の収入しか得てはいけないことになるため、年収にプラスして、貯蓄や支出に備えるためには不十分と言わざるを得ません。サラリーマンの副業で成功したいならば、確定申告はほぼ必要になると考えておくべきでしょう。

 

なお、詳しくは理由などを後出しますが、サラリーマンが副業を始めるならば、不動産投資がおすすめです。

 

当サイトでご用意しているLINE公式アカウントでは、不動産投資で資産運用を行い、大きな成功を収めている経験者のノウハウや、失敗しない不動産投資のセミナー情報などを現在無料で配信しております。

 

現役のサラリーマンや会社員で、資産形成ができる副業としての不動産投資や、不労所得を得る手段としての不動産投資などに興味がある方は、ぜひともこの機会にLINE公式アカウントへご登録ください。

 

 

サラリーマンの副業のおすすめランキング12選!

① 不動産投資

不動産投資とは、マンション・アパート・戸建などの投資用の不動産を所有して、家賃収入(インカムゲイン)を得ることを目的とした投資方法です。それ以外に、土地の価値が上がったタイミングを見計らい、売却を行って利益(キャピタルゲイン)を得る投資方法もあります。

 

ミドルリスク・ミドルリターンの投資ではあるものの、サラリーマンが副業を行なう場合、ぜひともおすすめしたいのが不動産投資です。

 

管理会社に物件の管理全般を任せれば稼働も少なくて済むほか、大きな元手がなくとも、融資を受けることによって、レバレッジ効果で元手以上の物件を獲得できます。会社勤めのサラリーマンであれば、融資の審査に通る可能性が高いのも、おすすめのポイントです。その他、複数戸の物件を運用し、複利を得ることも可能となっています。

 

② 物販ビジネス(転売、せどり)

物販ビジネスとは、「せどり」や「転売」などとも呼ばれます。メルカリやラクマなどのフリマアプリ、Amazonや楽天市場などのショッピングモール型ECサイト、ヤフオク!などのネットオークションサイトを利用して、「安く商品を仕入れて、高く売り出す」ことで、差額を利益として得る副業です。

 

物販ビジネスは、たとえサラリーマンでも、スマホとパソコンさえあれば開始できる手軽な副業であり、少数の仕入れも可能であるため、元手も多く必要ありません。副業初心者のサラリーマンにも、物販ビジネスは副業の入門としておすすめです。

 

③ アフィリエイトブログ運営

文章を書くことが好きな方や、人に紹介したいくらい好きな趣味がある方は、アフィリエイトブログを運営して、広告費用を獲得するというサラリーマンの副業の方法もあります。

 

なお、アフィリエイトブログの広告には、GoogleアドセンスとASPの2種類があります。

 

Googleアドセンスとは、Googleが提供しているコンテンツ連動型広告配信サービスで、自分のブログに広告を配置し、その広告をクリックされた場合に報酬が入ります。1クリックあたり20円〜30円程度で、表示される広告の種類によってクリック単価は変わります。

 

ASPとは、アフィリエイト・サービス・プロバイダの略称で、成果報酬型広告を配信するサービス・プロバイダを意味しており、Amazonアソシエイト、A8ネットなどが該当します。広告バナー経由で購入が発生した場合、数10円〜数万円の収益が入る仕組みです。

 

手間がかかるものの、ストック型の副業であるため、一度収益が入れば中長期的に収入が入るメリットがあります。ただし、Googleの検索エンジン対策(SEO対策)の知識が必要となり、サイト制作の知識もいるため、ある程度の勉強は必要となります。

 

④ クラウドソーシング

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトに登録し、ライター(記事のライティング)、Webデザイン、エンジニアとしての仕事の受注を受けて、報酬を得る副業の方法があります。

 

報酬のうちの5%〜20%がシステム利用料として天引きされますが、仕事を継続的に受けて実績を増やし、アカウントを育てれば、毎月数万〜数十万まで稼ぐことも不可能ではなく、サラリーマンの副業として十分な収入を期待できます。

 

基本的に納品ベースでの依頼が多いため、働く時間や量を自分でコントロールでき、得意なスキルを活かすことができるのも魅力です。特定の業務スキルを持っているサラリーマンの方や、スキルを鍛えたいサラリーマンの方におすすめの副業です。

 

⑤ 代行業(Uber Eatsなど)

出前を代行するUber Eatsや、家事代行サービスのANYTIMESなど、休日や空いている時間を有効に活用して、誰かの代わりになるサービスを提供する代行業も、サラリーマンの方の副業にはおすすめです。

 

その他、運転代行のメビウス21やJustavi、ベビーシッターのキッズラインなど、様々な業種の代行業のプラットフォームが存在しているため、ご自分のやりたい仕事とリンクするサービスがあれば、登録してみると良いでしょう。

 

⑥ 民泊運営(Airbnbなど)

自分が所有する空き部屋や、空き家を旅行者などに貸し出して収入を得る民泊運営も、サラリーマンの副業として人気があり、Airbnbなどのサービスプラットフォームが有名です。2018年6月15日に施行された「住宅宿泊事業法」により、一定の基準を満たせば、各都道府県知事に届け出を出して、民泊営業を行なうことができます。

 

ただし、届け出を行わずに民泊を行った場合は法律違反となり、仲介サイトから物件を削除される可能性があるほか、同法律では民泊営業の上限を年間180日と定めており、今後も法律の改正などが行われる可能性があるため、運営にあたっては法律の知識も必要となります。

 

⑦ 駐車場のシェア

空いている駐車用のスペースを貸し出す、駐車場のシェアサービスによって収入を得る方法があります。実働時間がほとんど必要ないほか、使っていないスペースを有効活用できるため、サラリーマンの副業としておすすめです。

 

代表的な駐車場シェアサービスとしては、akippa(アキッパ)、B-Times、軒先パーキング、トメレタ、スマートパーキング、toppi!(トッピ!)などがあります。

 

⑧ マイカーのシェア

ご自分が所有するマイカーを、使っていない時に貸し出すマイカーのシェアサービスで収入を得る方法があります。駐車場シェアサービスと同様に、実稼働がほぼ必要なく、乗っていない車を活用して収入を得られるため、サラリーマンの副業としておすすめです。

 

主なカーシェアサービスとしては、Anyca(エニカ)、カフォレ、Greenpotなどが挙げられます。

 

⑨ インフルエンサー

Twitter、Instagram、YouTubeなどのSNSアカウントの登録者数(フォロワー)を増やし、影響力を持つことによって、インフルエンサープラットフォームに登録したり、企業から直接広告案件をもらったりして、収益を得る副業の方法があります。

 

サラリーマンをやりながらも、SNSで注目を集めるコンテンツ発信を行っているインフルエンサーは多数いるため、情熱があれば、面白い副業となることは間違いありません。ただし、収益を得るためには、数万人以上の登録者数(フォロワー)の獲得は必須であるため、狭き門でもあります。

 

⑩ ライブ配信

LINELIVE・SHOWROOM・17LIVEなどのライブ配信プラットフォームに登録して、人気配信者(ライバー)として有名になり、閲覧者から投げ銭をもらって収益を得る副業の方法があります。

 

Twitter、Instagram、YouTubeなどのSNSインフルエンサーよりもまだニッチなジャンルであり、配信が好きな方であれば、サラリーマンでも大きな収入を得られる可能性のある副業です。ただし、配信回数や配信時間が重要となるため、多忙な方は難しいジャンルでもあります。

 

⑪ 写真販売

写真を撮るのが好きなサラリーマンの方は、PIXTA、スナップマート、フォトライブラリなどの写真販売サイトに、自身で撮った写真を提供することで、プラットフォームのマージンを差し引いた収入を得ることができます。写真を提供するだけなので、実稼働がほとんどかからず、サラリーマンの副業に向いています。

 

⑫ プライベートレッスン講師・セミナー講師

家庭教師やコーチなどの1対1のプライベートレッスン講師や、1対複数のセミナー講師などは、自分の得意分野を活かすことのできるサラリーマンの副業になります。主なサービスプラットフォームとしては、LESSON(レッソン)、サイタなどがあります。

 

これらサラリーマンの副業の中でも、特におすすめできるのは、最初にご紹介した不動産投資です。

 

当サイトでご用意しているLINE公式アカウントでは、不動産投資で資産運用を行い、大きな成功を収めている経験者のノウハウや、失敗しない不動産投資のセミナー情報などを現在無料で配信しております。

 

現役のサラリーマンや会社員で、資産形成ができる副業としての不動産投資や、不労所得を得る手段としての不動産投資などに興味がある方は、ぜひともこの機会にLINE公式アカウントへご登録ください。

 

 

サラリーマンの副業でなるべく避けたほうがいいジャンル5選!

① 株式投資およびFX(外国為替証拠金取引)

株式投資とは、上場している個別の会社の株を購入したり、各取引所が算出している株価指数を取引したりすることで利益を得る投資方法です。FXとは、外国為替証拠金取引と呼ばれており、外国為替市場で取引されている通貨を対象とした投資となっています。

 

なお、最近では、ネット証券会社を活用することで、スマホから簡単に株式投資やFXの銘柄の売買が可能となっており、手間をかけずに投資を開始することができます。特にFXは、レバレッジをきかせることで、元手の最大25倍までの取引を行なうことが可能です。

 

ただし、株式投資およびFXは、常に動き続ける国内外の経済動向をリサーチし続けなければならないほか、取引の判断を誤ると、元本を失ったり、赤字に転落したりする可能性のあるハイリスク・ハイリターンの副業であるため、副業初心者のサラリーマンの方には、あまりおすすめはできません。

 

② ポイントサイトおよびポイントアプリ

ポイントサイトおよびポイントアプリを活用した副業があります。仕組みとしては、広告主から様々な広告を集め、その広告を利用したユーザーに対してポイントを還元するサイトおよびアプリに登録し、実際に広告を利用することでポイント稼ぎを行い、現金や電子マネーに換金します。

 

具体的な作業は無料会員登録、アプリダウンロード、資料請求、口座開設、友人紹介、バナーのクリックなどが挙げられますが、単純作業であり、スキルアップにはつながらず、安定した仕事の受注が難しいので、サラリーマンの副業としてはあまりおすすめしません。

 

③ 覆面調査員(ミステリーショッパー)としてのアンケート回答

飲食店、美容エステなどの店舗に足を運び、一般顧客のふりをして店舗のサービス内容を調査する仕事が、覆面調査員(ミステリーショッパー)です。事前に決められたアンケートや調査項目に従って、サービスを受けて報告書を作成します。

 

サラリーマンの副業としては、実際にお店に足を運ばなければならないため、時間の拘束がある程度発生するほか、安定した仕事の依頼があるわけではないので、あまりおすすめできません。

 

④ 仮想通貨のような新しい投資

仮想通貨のような新しい投資の方法は、未開拓であるゆえに大きなリターンが見込める可能性がある反面、大幅な価値の下落で元本を根こそぎ失ったり、システムの瑕疵で盗難にあったり、制度が追いつかずに税金で大きな損をしたりするなど、様々な想定外のリスクが考えられるハイリスク・ハイリターンの投資です。

 

投資のプロフェッショナルであれば挑戦してみることで大きなリターンを期待できますが、サラリーマンが片手間で副業したい場合には、難易度の高い投資方法だといえるでしょう。

 

⑤ モニター(治験など)のアルバイト

治験などのモニター系のアルバイトも、サラリーマンの副業としては、あまりおすすめできません。長期間拘束される可能性があり、実質的に業務と並行して行うことができない場合もあるほか、時間の切り売り的な要素が強いので、スキルアップにつながらない難点があります。

 

副業初心者のサラリーマンが成功するための5つのコツとは?

① 不動産投資のように、なるべく稼働が発生しない不労所得を狙える副業を選ぶ

サラリーマンが副業で成功したい場合には、不動産投資のように、なるべく稼働が発生しない不労所得を狙える副業を選ぶのが良いでしょう。「自分が所有している何かに稼いでもらう」という観点では、民泊、駐車場シェア、カーシェアなどのシェアリングエコノミー系の副業や、書いた記事や撮った写真が収益を生んでくれるアフィリエイトブログや写真販売なども魅力があります。

 

② 自分の強みに特化したジャンルで副業をする

サラリーマンの方が副業をするのであれば、苦手な分野にチャレンジするのではなく、自分の強みに特化した副業でチャンスをつかむのが最短の道です。得意分野であれば、マーケットのリサーチやノウハウの勉強も苦にならないのでおすすめ。サラリーマンの副業は、楽しみながらできるのがベストです。

③ 副業で小さな成功体験を積み重ねる

サラリーマンの副業の場合、本業と違って、最初から大きな収入を目指す必要は必ずしもありません。むしろ、月数万円程度の収入アップを狙い、小さな成功体験を積み重ねていくことが大切です。副業を成功させる一番のポイントは継続ですから、成功の感覚を忘れずに日々コツコツと取り組み続けるのが重要でしょう。

 

④ 睡眠時間を削るような過度の副業は禁物

サラリーマンの副業の場合、対応できる時間は限られてきます。そこで、最大限の稼ぎを上げようと睡眠時間を削って頑張る方も中にはいますが、過度な副業は禁物です。社会人は身体が資本ですから、健康を害してしまっては本末転倒。無理のない範囲で収入を上げられるような副業を目指しましょう。

 

⑤ 有益な副業の情報を効率的に収集する

サラリーマンの方が副業で成功したいならば、有益な副業の情報を効率的に収集することが大切です。インターネットで調べるのも大事ですが、セミナーやオンラインサロンに参加したり、識者のLINE公式アカウントに登録して勉強をしたりするのも大事なことだと言えます。

 

不動産投資などの副業で成功したいなら、正しい知識や有益な情報を効率的にゲットしよう!

今回の記事では、サラリーマンが副業で不動産投資を始めとする副業で成功するための基礎知識や、おすすめの副業ランキング、避けたほうがいい副業ジャンル、サラリーマンが副業で成功するためのコツなどを、詳しくお伝えしてきました。

 

ご紹介してきたサラリーマンの副業に関する基礎知識を身につける以外にも、たとえば、不動産投資の副業で成功するためには、実際の失敗事例から学んだり、不動産投資の本や資料を読んで勉強したりすることが重要ですが、何よりもおすすめなのが、不動産投資の成功体験者から、実際のやり方を学ぶことです。

 

当サイトでご用意しているLINE公式アカウントでは、不動産投資で資産運用を行い、大きな成功を収めている経験者のノウハウや、失敗しない不動産投資のセミナー情報などを現在無料で配信しております。

 

現役のサラリーマンや会社員で、資産形成ができる副業としての不動産投資や、不労所得を得る手段としての不動産投資などに興味がある方は、ぜひともこの機会にLINE公式アカウントへご登録ください。

 

不動産投資の未公開のノウハウや最新の限定情報を無料でお伝えします。
不動産投資を堅実に成功させたい方は、ぜひともLINE登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

不動産投資の未公開のノウハウや最新の限定情報を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる